【潜在意識で恋愛が成就する。 イメージングしやすい体質作りに捨てたい考え方】

【潜在意識で恋愛が成就する。 イメージングしやすい体質作りに捨てたい考え方】

こんにちは。
藤岡リナ鑑定事務所の岡田友里です。

テレワーク(在宅勤務)をした人の半数超にあたる51・5%が通常勤務よりも長時間労働になったと答えていることが、日本労働組合総連合会(連合)の調査で分かったそうです。
新型コロナウイルス感染症への対応で広がる在宅勤務だが、時間外・休日労働をした人の65・1%が勤務先に申告していないと回答したそうです。
仕事とプライベートとの区別が難しい状況が浮き彫りとなったそうですが、こう行った会社員の方の忙しさが食事の面でストレスを感じ、恋愛成就のイメージングをする上で欠点になっていることがあるんです。
実際に藤岡リナ鑑定事務所の鑑定者さんでも、自宅ワークになりついついケーキをかじってしまったなんて。
藤岡リナ先生も年に1回程度は炭水化物を摂取されるすですが、基本はタンパク質豊富な食事を気をつけ潜在意識を作動させやすく、また脳を活発に働かせやすく、さらにいめr―ジングのしやすい体質を作られています。

 

早速ですが、本日の本題ですが
潜在意識で恋愛が成就する。 イメージングしやすい体質作りに捨てたい考え方
について書いていきたいと思います。

出されたものは残さず食べなきゃ

 

まずはじめに、藤岡リナ先生の親は戦争時代に飢餓を経験し、「出されたものは残さず食べなきゃ」というDNAが染み込んでいらっしゃったそうです。

大量の炭水化物
大量のケーキ
甘いものも大好きだったそうです。
また皆さんの中でも「もったいないばあさん」になってしまっている方はいらっしゃいませんか?

お弁当の中に入っているご飯などを残さず全て食べる
藤岡リナ先生は、おかずだけ召し上がるのでお弁当は2つ以上
食べます。
もったいないばあさんは、恋愛成就のイメージングに妨げになることがあるかもしれません。

炭水化物の摂取は1日1食まで。

またもったいないやストレスによる摂取で体を害し治療日がかさんでしまっては幸せな恋愛成就から遠ざかってしまいますね。

皆さんはいかがですか?